福島亮治 帝京大学外科 上部消化管
サイトマップよくあるご質問(Q&A)帝京大学外科への交通・アクセス
医師、福島亮治のご挨拶診療時間胃がん(胃癌)について胃がんの診断・検査胃がんの手術、胃がんの化学療法術後



福島亮治のブログはこちら

QRコード
福島亮治のホームページは、
携帯電話でもアクセス頂けます。


福島亮治ホームページTOP > 医師ご挨拶

医師ご挨拶

ご挨拶

福島亮治医師  帝京大学外科で上部消化管外科(食道、胃、十二指腸)を担当しています。
対象となる疾患は、悪性疾患(癌)が多いのが現状ですが、もちろん良性疾患(潰瘍やポリープなど)の診療も行っています。

私たちは、外科手術に限らず、診断から治療そして、その後フォローアップを含めて一貫した総合的診療を行うことを心懸けており、化学療法(抗癌剤治療)、放射線療法、免疫療法、緩和治療も積極的に取り入れています。
また、病気を治すためには、病気の部位に目を向けるだけでなく、全身の栄養状態や免疫能を整えることが極めて重要です。そのため、免疫栄養法なども取り入れて特に気を配っています。

癌治療では、癌のすすみ具合に即してきめ細かい配慮をし、必要かつ十分な治療を選択するようにしています。例えば早期癌では内視鏡的な切除や、なるべく切る範囲を少なく機能が温存できる手術方法を選択するよう努力しています。また胃を全部切取らざるを得ないような場合は、小腸で代用胃(空腸嚢)の作成なども行っています。

患者さん一人一人に適切な情報をお伝えし、病気の状況を十分に理解していただき、共に立ち向かっていきたいと考えています。

帝京大学外科 上部消化管 福島 亮治

経歴

1976年 埼玉県立浦和高等学校 卒
1983年 北海道大学医学部 卒
東京大学第一外科 研修医
1984年〜1987年 東京厚生年金病院外科
東京都立墨東病院外科
1987年〜1990年 東京大学第一外科
1990年〜1992年 米国 オハイオ州、シンシナチ大学外科 Research Fellow
1992年 東京大学第一外科 助手
1992年 医学博士取得(東京大学)
1995年 帝京大学第二外科 講師
2003年 帝京大学外科 助教授
2006年 帝京大学外科 教授
NST(栄養サポートチーム)チェアマン
1999年〜現在 東京大学非常勤講師


資格

日本外科学会 認定医、専門医、指導医
日本消化器外科学会 認定医、専門医、指導医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
ICD (infection control doctor)


所属学会

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胃癌学会
日本癌治療学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本食道学会
日本外科代謝栄養学会
日本腹部救急医学会
日本静脈経腸栄養学会
日本外科感染症学会
日本外科系連合学会
American Societiy for Parenteral and Enteral Nutrition
Surgical Infection Society
International Society of Surgery
メールフォームプライバシーポリシー
このホームページの著作権は、福島亮治に帰属します。